お金の無い貧乏男子に送る!マッチングアプリで出来るだけお金を使わずにデートを重ねる方法

  1. マッチングアプリ

貧乏だからって、恋活・婚活を諦めたくないですよね。

僕は、死ぬほど貧乏だったくせに、マッチングアプリはガンガンやってました。

特に、ペアーズはヘビーユーザーでした。

借金もあり、コールセンターの日払いアルバイトで生きてました。

そんな中でも、マッチングアプリで多くの女性と会いました。

大事なのはこれです。

デートは昼にする。
夕方には解散。

徹底してください。

これには以下のようなメリットがあります。

  1. 昼のお誘いなので警戒されない
  2. 奢っても1000円〜2000円
  3. 数時間でデート終了のため時間を無駄に使わない
  4. 盛り上がったとしても夕方に切り上げることで、「もっといたかった!」というもどかしさを与えられる

わざわざ、がっつり夜デートなんてしなくたって、一回昼に数時間会えば
自分との相性はだいたいわかります。

だから、短時間低コストでささっと初回デートを済ませるのです。

初回で、いいな!と思った人だけ2回目移行で夜の飲みデートとかに誘えばいいのです。

貧乏男子が毎回毎回夜ご飯デートを初回でやってたら破産してしまいます。

大人になると、「飲みにいこう」という誘い文句が増えがちだけど、

我ら貧乏ひねくれ紳士たちは、
「カフェにいこう」
「パンケーキ食べに行こう」
といいましょう。

ちなみに、パンケーキはかなり使えます。

それでは検討を祈る。

pairs

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事