Pairs体験談!ドタキャン・待ち合わせ場所で音信不通

  1. マッチングアプリ

僕はPairs(ペアーズ)で多くのものを得られました。

とはえ、嬉しいことばかりではありませんでした。

マッチングアプリという特性上、無責任な対応を取られたことが何回かあります。

ブロッグしてしまえば、もう実生活で関わることもないですから、いい加減に接してくる人もやはりいます。

ドタキャン

これはよくありますね。

実際にドタキャンされ悲しい思いをした方もいることでしょう。

でも元気出して。

僕は同じ人に3回ドタキャンされ結局会えなかったなんてこともありました!

完全なる「キープ」でした。
4ヶ月くらいキープされました。

結局その人にはブチ切れたラインを送りつけました笑

待ち合わせ場所で音信不通

デート当日、待ち合わせ場所についたので、

「着きました!」と送ったところ、もう既読がつかなくなったことがありました。

これは一番最悪なパターンです。
ショックも大きいし、時間も無駄です。

「まさか、駅で立ち尽くす日がくるとは・・」と虚しくなりました。

この最悪なパターンを避けるためにも、デート前日に
「明日よろしくお願いします!」とリマインドの連絡を一本入れるといいと思います。

デートの日取りは決まったが、デートの数日前から音信不通

これも2、3回くらいありました。

デートの日取りを決めたのにも関わらず、そこから音信不通になり、当日ラインしても既読つかず。

気が変わってしまったのはわかります。ただ、「やっぱり行けない」の一言でもいいから何か言ってほしいですよね。

実生活で関わることがないからといって適当すぎやしませんか。

不確定のスケジュールほど邪魔なものはありません。

礼儀知らずのユーザーもちらほらいますが元気出してくれ

礼儀知らずのユーザーのせいで、悲しい思いをすることもあります。

その人たちのせいで、Pairsに疲れ、Pairsを起動する回数も減り、素晴らしい恋人に会えるチャンスを無くしてしまうのは悲しいです。

悲しくなったときは、僕のことを思い出してください。

ドタキャン・音信不通・ネットワークビジネスの勧誘と、あらゆる問題に襲われても元気に楽しくPairsを使い続けたことによって素敵な恋人が出来た僕のことを!

pairs

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事