お金の無い貧乏男子よ、Pairs初回デート費用は全額負担ではなく少し多めに払うで十分だ

  1. マッチングアプリ

Pairs(ペアーズ)のプロフィールには、「初回デート費用」をどう処理するかを書く欄がありますよね。

実際、どれくらい払うのが正解なのでしょう?

僕の体験から得られた答えは、少し多めに払うでした。

全額奢ることによるアドバンテージはそんなにない

年代によっても変わるかもしれません。僕は20代中盤です。

僕は貧乏かつケチなので、ペアーズでの初回デートを全額奢ることは15人に1人くらいです。

では、全額奢ることで何かアドバンテージはあったか?と考えましたが、なかった。

むしろ、都合良い男ゾーンに入る余地を与えてしまったといったところです。

それでは、全額奢らずに、「ちょっと多めに払う」ことによるマイナスはあったかと思えば、まったくなかった。

友達の女性が「全額奢ってくれなかった〜」と愚痴を言ってるシーンは見かけます。

しかし、「本当は興味あるのに、全額奢ってくれなかったからあの男や〜めた」って考える女性は少数派です。

勝負どころは、「全額奢ったか否か」ではないのです。

全額奢らなかったといってたいしたマイナスにはならない。

貧乏男子が、たいしたマイナスにならいようなところに意識を引っ張られ、無理して全額奢るPairsライフを送り、苦しんでいる姿など見たくはありません!

少し多めに払い、かつデートは昼カフェにして最小限で挑みましょう。

ただ、お会計が2000円以下だったら奢ってもいいかもね。

僕は初回デートは必ず3000円以下にします。

お会計が0~2000円のときは奢って、2000~3000円のときは1000円もらってます。

僕の友人は、「そもそも普通に割り勘でよくね?」と言います。

「男性が多めに払わないといけない風潮がなんとなくある」ということすら認識していない感じで、なんかそいつが頼もしく見えました。

風潮からのプレッシャーに負けがちな自分がちっぽけに見えました。

だから、全額払ってしまう男性の気持ちもわからなくはないです。

話変わりますが、僕がPairsで多くの女性と出会って感じたのは、思ったより女の人は優しいなということです笑

浅はかな感想ですが、ひねくれた僕は、「どうせ女なんて」「おごらないだけで文句たれるやつらだ」と女性に何かと敵対視していたので笑

貧乏男子のみなさま、ぜひ見栄のためだけに自分を苦しめることなどしないでください!

pairs

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事