マッチングアプリのLINE交換のタイミング。早々に交換した場合の検証。

  1. マッチングアプリ

マッチングアプリで、LINE交換するタイミングってすごく難しくないでしょうか?

タイミングの判断の際、相手がどういう性格なのか、マッチングアプリ内でのやり取りを頻繁にやる人なのか、しっかり観察しないといけないです。

初回デートするまではLINE交換したくないという人もいますからね。

僕は、ラインを早々に交換したい派です。

連絡手段はラインだけにすべておさめたいからです。

このため、早々に「LINE交換しよう」と言うことが多いです。

LINEを交換したほうが、長期戦にも持ち込みやすいからです。

アプリだけでの繋がりだと、退会されたらもう連絡できなくなりますから。

LINEで繋がっておけば、一度返信こなくなったとしても、

半年後とかにまた誘えばまたやり取りが再開できたりしますし。

とは言え、LINEを早々に交換して、結果的に良かった場合もあれば、裏目に出た場合もありました。

今回は、Pairs(ペアーズ)でやり取りをしたときの体験談です。

成功パターン

1.アプリ内での返信頻度は一日二通ほどの、20代女性A子

A子のアプリ内での返信は一日二通ほど。

暇人だった僕はずっとスマホを眺めている毎日だったので、一日二通という頻度が遅くもどかしく感じました。

なので、5往復ほどのやり取りで、すぐにLINEを聞きました。

快く教えてくれました。

その後のLINEのやりとりでは、一日10通ほど返信がきました。

A子は、ペアーズのアプリを開く回数も少なく、アプリ内でのやり取りにめんどくささを感じていたそうです。

アプリにログインする頻度が少ない女性に対しては、早めにLINE交換してしまった方がいいかも。

ペアーズでは、相手の直近のログインタイミングがわかるので、これを判断材料にしてログイン頻度をチェックしてみてください。

2.アプリ内で何回メッセージ送っても無視してきたのに・・B子

B子は、若干高飛車で気が強そうな雰囲気の20歳前後の女性。

僕が何度メッセージを送っても、返信をくれませんでした。

「もうこうなったら捨て身だ!」ということで、「LINEを交換しよう」と送りました。

すると、あんなにスルーしてきたB子が、すぐに返信をくれました。

LINEを交換してくれました。

その後、LINEでは円滑にやり取りができ、デートもできました。

まったく返信をくれない相手に対して、最後の捨て身としてLINEを聞いて一発逆転の可能性もあるかも。

ただ、これは失礼だと思われる可能性・業者だと思われる可能性もゼロではないので、お気をつけください。

失敗パターン

1.あんなにアプリ内でのやり取り盛り上がってたのに・・C子

C子は20代前半の女性。

趣味も合致して、アプリ内でのやり取りはかなり盛り上がりました。

そして、やり取りの一番盛り上がってるタイミング、「次の返信はやくこないかな!」と盛り上がりがピークに達したタイミングで

LINEを聞きました。これはやり取りをはじめて2日目くらいです。

LINEでのやり取りが始まりました。

アプリ内ではあんなに盛り上がってたのに、急に返信が適当になり、頻度も少なくなりました。

僕はここでひとつ発見しました。

LINEの1通より、アプリ内の1通の方が「重みがある」ということ。

LINEはやり取りが円滑にできる分、1通1通が軽くなる。

大げさですが、LINEの1通より、手紙の1通の方が相手からの返事が楽しみですよね。

だから、相手からの返信が、アプリのときより楽しみじゃなくなるのです。

そうなると、自然と1通1通の貴重さが損なわれていくのです。

これに伴い、相手にとっての自分の価値も少なかれ損なわれます。

だから、ここは気をつけてください。

アプリ内で十分盛り上がっているなら、焦ってLINEを聞かない方がいい場合もあります。

2.人間関係をゆっくり構築したいタイプ・・D子

D子は、20代後半の女性。

プロフィール文は、かなり丁寧な文章でした。

ゆっくりと人間関係を構築していきたいタイプだったのでしょう。

「LINEを交換しよう」と言ったら、「まだはやい」と言われました。

それを言うまでは結構好意的に返信をくれていたのに、それ以降警戒され、返信はこなくなりました。

慎重派にはすぐに聞かないようにしましょう。

まとめ

相手の性格、アプリへの取り組み方をよく見て、LINE交換の適切なタイミングを見極めなければなりません。

タイミングを見誤ると、上手くいくはずだったものもおじゃんになります。

pairs

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事