Pairs体験談。「若い子は可愛くなくてもいいね多くてずるい」と嘆いていたアラフォー(30代後半)女性

  1. マッチングアプリ

Pairs(ペアーズ)体験談です。

僕は年上が好きなので年上女性と会うことが多かったです。

今回僕が会ったのは、アラフォー(30代後半)・年収1000万以上・スタイル良し・顔良しの方でした。

恵比寿で6時に待ち合わせ

僕は5時50分に恵比寿駅に到着しました。

恵比寿は綺麗な人がたくさん歩いてますね・・

駅のホームで、「うお〜・・綺麗な人いっぱい・・」「あ〜あんな人とデートしてみたいな」
なんて思いながら鼻の下を伸ばしてテクテク歩いてました。

待ち合わせ場所に到着。

向こうから女性がコツコツ(ヒールのコツコツ音いいですよね)歩いてきて、僕の顔を覗き「どうも」と言ってきました。

なんと、駅のホームで「あ〜あんな人とデートしてみたいな」と鼻の下を伸ばして見てた女性でした・・!

ペアーズで顔写真は見ていたのですが、実物と写真のイメージが結構違っていたので気付きませんでした。
あわあわしましたが、とりあえずどこかお店を探そうということで歩きました。

お店を予約していないのは相変わらずです。

小洒落たお店に入りました。
よくわからない野菜が出てきたり、食べ方がわからない料理が出てきたり、聞いたこともないようなお酒がでてきたり、新鮮な時間でした。

僕は年上の女性が相手だと落ち着いて会話ができるので、リラックスできました。
派手目のキラキラ元気系の人が相手だと縮こまりますが。

「二軒目にいこ。」と向こうが言ってくれました。

「なんかかわいいし!」と言ってくれました。
かっこいいと言われるより可愛いと言われるのが嬉しい僕は(きもいですよねごめんなさい)ドキッとしました。

そして二軒目。

大衆的な、焼き鳥屋に行きました。美味しかった。
だが、肉にこだわりがある彼女は、まずまずといった反応でした。

二軒目では本音がぽろり

二軒目では、主にペアーズの話題をしました。
お酒も進んで彼女の本音が。

「ペアーズは、全然可愛くなくても、若いだけでいいねが平均的に多い。」

やはりプレッシャーが全然ないからいいねは集まりやすいだろうなあと思いました。

たしかに、彼女はとても知的で見た目もよい。
いいねの数は60くらいでした。

もっとたくさんもらってもおかしくないはず。
彼女はプロフィール文が短かったのと、載せてる写真が少なかったのが一番の原因だとは思いましたが。

「自分の年収の高さとかが男性を遠ざけてるのでは」とも言ってました。

自分が購入したマンションにはサウナもあるとのこと。

これは良く聞く話ですよね。

女性の学歴・年収・社会的地位が自分より高いと男性が引いてしまう。

女性より優位に立ちたいと思ったことがない僕からしたら理解できないことですが、やはりそういう男性多いみたいです。

結局、二軒目で二時間くらいお話して、解散しました。

その女性とは、後日もう一回焼き肉を食べに行ったのですが、
僕が結婚願望のない定職にもついてないフラフラ野郎であることが嫌だったそうで、結局何もなく終わりました。

 

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事