Pairsで知り合った女性にネットワークビジネスに勧誘された!カフェで知らない男が来て・・

  1. マッチングアプリ

僕はマッチングアプリが大好きです。

そんなマッチングアプリにも、残念ながらネットワークビジネスの勧誘目的の女性ユーザはおります。

ある程度はプロフィール文で見抜けます。

しかしあるとき、勧誘目的かそうでないのか、微妙なラインの女性とメッセージをやり取りしてまして、会ってみることにしたのです。

40歳前後・派手目・自称コンサル会社の経営者A子

若干キラキラ起業家っぽい雰囲気を醸し出している人でした。

もしかしたら本当に優秀な人で、楽しいお話でもできるのかなと思い、カフェで会うお約束を取り付けました。

時間はお昼1時、吉祥寺駅南口で待ち合わせ。

僕は5分くらい先について待ってました。

すると向こうから、髪かき上げ系良い女風のA子がやってきました。

「ごめんね〜」といってやってきました。

「写真よりはキレイな人だな」と心の中で思いました。

A子は吉祥寺に詳しいみたいなので、案内すると言ってきました。

そして、「武蔵野珈琲店」というお店に行くことになりました。

当時は知らなかったのですが、又吉さんが書いた「火花」の作中にも出てくるカフェで、有名なお店らしいです。

武蔵野珈琲店は、古着屋とかアクセサリー屋が入ってる建物の一室にありました。

武蔵野珈琲店に入る前に、A子が「ちょっと知り合いと話すから待ってて」といい、武蔵野珈琲店の向かいにある別のお店に入っていきました。

1分後に戻ってきました。

「なんだろう」と思いましたが、まあいいやということで武蔵野珈琲店に入りました。

武蔵野珈琲店にて謎の男登場・・

奥の二人席に座り、珈琲を注文しました。

仕事の話やら、過去にマッチングアプリで会った他の人の話などをしてました。

A子の口癖は「あ〜、人間って面白い」「人生って最高に楽しいよね」でした。

ことあるごとに言ってきたので「うるせえな」と思いました。

ただ、珈琲は本当に美味しかった。

そして、「あ〜珈琲おいしいな〜」とか思っていたら、いきなり知らない男性が席にやってきました。

なにやらその男性は、資料が入っているクリアファイルを手に持っていました。

そしてその資料をサッとA子に無言で渡して、どこかに消えていきました。

一瞬の出来事だったので、びっくりする間もなかった。

「おろろろろ」とその男を目で追うのが精一杯でした。

するとA子が、その資料をテーブルに広げました。

「これ、今私がやってるビジネスの資料なんだ〜。この資料の内容を、来週の講演で皆に説明しないといけないんだ〜あ〜大変。」

「練習しなきゃ。」

と言い出し、いきなり資料の説明の練習をするフリをして、間接的に僕に資料の内容を伝えてきました。

どうやら、旅行に安くいける有料会員制のビジネスみたいです。

最初は練習っぽかったのに、だんだんと僕にむけて熱く語ってきました。

でも語るとはいえ、「一緒にやろう」「会員になろう」と誘ってくるわけでもなかったので、

「誘われてはいないから断るのもタイミングないし・・なんだこれは・・」と困惑してました。

僕が食いついて「僕もやりたい」というのを待ってるような感じがしました。

誘うでもなく選択権を与えてくる感じ、かなり気持ち悪かった・・。

とにかく不穏な時間が流れました。

そして、一時間くらい経過し、

「まあ、あとは君次第だね」と謎の問いかけをされました。

なんも誘われてないのに、君次第ってなんだよ笑

もう僕は帰りたくて仕方がなくなって、「そろそろ帰りましょう」と言いました。

「うん、わかった。」とA子は言い、そそくさと資料をカバンにしまいました。

お会計。

A子が「え、奢ってくれるの?」と言ってきました。

「いやなんも言ってねえよ」と思ったが、もはやぐったりしてて突っ込む気力もなかったので、泣く泣く全額支払いました。

武蔵野珈琲店を出ました。

するとA子は「じゃあバイバイ」と言い、武蔵野珈琲店の向かいにあるお店に入っていき、解散となりました。

恐らくあそこのお店の人がグルなのでしょう。

結局、遠回しに勧誘をされ、珈琲とケーキを奢らされるという悲劇の一日でした。

ネットワークビジネスの勧誘って何回かされたことあるんだけど、だいたい彼らは奢ってくれるんですよ。

A子はそれすらしてくれなかった笑

とりあえず、疲れた一日でした。

ただ、武蔵野珈琲店の珈琲は本当に美味しかったです。

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事