僕が女の子にとったきもい行動1選!これやったら絶対ゲームオーバー!

  1. 女性へのアプローチ体験談

僕は感情的になったり、特定の女性に気持ちが集中すると、きもい行動を取りがちです。

きもい行動をあげたらキリがないですが、その内の一つを書きます。

 

クラブで韓国系の見た目の女性と知り合った。見た目がとにかくタイプ。

大晦日に、新木場にあるクラブagehaに行きました。

ここに、韓国系の女性がいました。
僕は、韓国系の顔つきやメイク大好きなので、クラブ内でその人を見つけて、勇気を出して声をかけました。

綺麗系で気が強そうだったので、冷たくされるかと思いきや意外と受け入れられ、粘った後にラインを交換。

返信がくれるが、会うことには渋られた

後日ラインを重ねました。

割と素早く返事をくれ、遊ぶ話も少し応じてくれるが、いざ会うかとなると渋る。
といった状況が続きました。

「もう〜!なんであってくれないんだ!」

かなりイライラしてきました。

一度イライラが始まると沸騰してしまうのが僕です。
ついにきもいラインを3連投してしまった。

1通目
「○○ちゃんは優しそうだよね」←媚び売りまくった

2通目
「明後日会おう!もう絶対ですよ!」←なかなか応じてくれないので強要しようとした

そして最強にきもいラインがこれだあ

ワン

ツー

スリー

 

「なんで俺って、好きになる子には相手にしてもらえないんだろう。」

 

 

きもすぎる。

3連投がまずきもいのに、本人にこれを言うなどきもすぎる。

この後、きもいライン送ってごめん!と謝りましたが、ラインはぷつりとこなくなりました!

みなさん、くれぐれもきもいラインを連投しないでくださいね!

いや、やらねえよ!とか思ってるかもしれないけどムキになったら君もやる可能性あるからな!

感情が沸騰した時にお目当の子に送るラインはだいたいきもいので、頭が冷えるまで

待ちましょう!

僕がきもい行動をとった数だけ被害者の女性がいるということ

これまで、数々のきもい行動をとってきました。

そのたびに僕自身は学習することがありましたが、その数だけ被害者の女性が存在するということです。

その女性たちには、この場を借りて感謝の気持ちを伝えさせていただきます

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事