臭いというのは周囲を不愉快にさせるだけではなく、冤罪を生む

  1. ひねくれ・文句

僕は臭い人が嫌いです。

臭い本人は悪気はない場合もありますが、不愉快なのは事実です。

電車に乗ったら、まず周囲を見渡し、臭くなさそうなエリアにポジションを取ります、

臭いは発生源を完全に特定できないため、冤罪を生む可能性あり。

僕が座った席の左隣の人が臭いとします。
そうすると、僕の右隣の人からしたら、臭いの発生源が僕なのか、
僕の左隣の人なのは、100%はわかりません。

だから、下手したら、僕が臭いと勘違いされる可能性がある、
つまり、臭い人というのは、冤罪を生む力を秘めているんです。

関係ない人を加害者にしてしまうんです。

狭い空間においては嗅覚が最も発生源を特定しにくい

視覚、触覚、聴覚、味覚、嗅覚とありますが、

嗅覚ほど発生源がわかりにくいものはないです。
聴覚も、ちょっと、距離感があったり広い場所だとわかりにくいですが、
狭い空間の中で、誰が不愉快な音を立てているのか、だいたい特定できますよね。

特定しにくいからこそ、知らぬ間に自分が加害者だと思われてしまう。

「臭い」は時間差攻撃もできる。完全犯罪。

臭いって残りますよね。だから、臭い人がその場を去っても、臭いだけはまだそこに居る。

これも、冤罪を生む元凶です。

 

トイレで、僕の一つ前に入っていた人が、絶望的に臭い大便をする。

僕は大便個室に入るも大便出ず。

僕の次の人が、すごく嫌そうな顔で大便個室に入って行く(臭いの発生源は僕だと思ってる顔つきで)

こんな感じです。

この時間差攻撃により、犯人が現場に居ることなく、冤罪を生み出すことができるんです。

完全犯罪です。

まとめ

臭いは、発生源を完全には特定しにくい。
さらに、時間差攻撃も可能にします。

周囲を不愉快にするのではなく、冤罪を生み出します。

偉そうなこと言いましたが、最近僕も皮脂臭い気がします。
サンダルをよく履きますが、なかなか熱気を帯びた臭いを放出してる気がします。

アシクサは以下の魔法の粉でやっつけてます。
靴の中にさっと粉撒くだけて妖怪アシクサは消えていきます。

こちらはamazonから購入可能です。

妖怪アシクサに翻弄されている方はぜひ試してみてください。

 

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事