ナンパの最初の声かけで重要なのは何を言うかではない。堂々としていれば、「こんにちは」で十分。

  1. 女性へのアプローチ体験談

こんばんは。

もともとは女性に挨拶されだけで顔面が沸騰していたのにもかかわらず、
ナンパに挑戦した結果、多くの女性の連絡先と強靭なメンタルを手にした中村航太です!

ナンパに関する質問の多くに、

「第一声はなんて言えばいいの?」
「他のナンパ師と差別化を図るためにも面白いこと言わないとだめ?」

があります。

僕か何百人もの女性に声をかけて得た結論ですが、

何を言うかは重要ではないです。

※ストリートナンパに絞ってます。クラブはまた違ってきます。あと熟女もまた違ってきます。

堂々としたたたずまいで、「こんにちは」と言えばそれだけでオーケー

見出しの通りです。

なんて言えばいいんだろう?とか、話しかけるフレーズで頭を悩ませてる人は
多いと思います。

確かに、面白いフレーズだとより掴みやすいと言うのはありません。
ですが、これは必須なものではありません。

「言い方」「振る舞い」が重要なんです。

初心者はフレーズで頭を悩ませてるだけ時間の無駄です。
自身満々で、ペコペコせず、堂々と近づいていき、

「こんにちは」

と言う。これだけで十分です。

「突然僕なんかが声かけてすいません〜・・迷惑ですよね〜・・」
みたいなペコペコスタイルな男性を見て、女性がちょっとでも話をしたいと思うわけがないですよね。

あえてペコペコして面白いこと言って・・とかやっている人たちはもう上級者だと思うのでそう言うのはとりあえず捨ててください。

堂々としているだけで、魅力的にうつるもんです。

「こんにちは」だけで導入はオーケーです。その後受け入れられるかは自分のルックス・服装を見られて相手がどう判断するかです。「何を話すか」が重要になってくるのはそこもクリアした後の話です。。

周囲のナンパ師みてください。
必死にペコペコしている人結構います。
女性になめられて即アウトになってます。

いいですか!どんなにいいフレーズでもなよなよペコペコしてたら
に見られて終わりです!

僕も、しばらくナンパを離れて久しぶりにやった時がありました。

その時は、「無視されるかな〜」「相手にしてもらえるかな〜」

と不安いっぱいの自信皆無で声かけてたので全く結果は出ませんでした!

まるで、元々の知り合いだったかのようにフランクに。女性の警戒心は解け、自分もリラックスできる。

都会の女性は特に警戒心が強いです。

キャッチや勧誘かと思われることもありますから。

ここで必要なのはいかに警戒心を解くか。

「堂々と声をかける」はここでも効いてきます。
「あの〜いま大丈夫ですかね〜」ごますりごますり・・

みたいなやつに女性が心開けるわけはないですよね。

なんか張り詰めた感じで必死になって自分を良く見せようとしてくる人より、
いつもどうりでフツ〜の振る舞いで落ち着いてる人の方が、心開いて接することが
できそうですよね?

この状態を作ってあげるんです。

だから、もともと知り合いだったかのように話すんです。

お互い安心して会話できますよね。
そうなれば、そのあとの会話でも
「何を話そう〜」と頭を悩ませなくても自然と言葉が出てきます。

仲のいい友人と話してる時、「次何話そ〜」なんていちいち悩まずに
自然と言葉が出てきますよね。この状態になればいいです。

さらに、必死に自分をよく見せようとしている男性より、
リラックスして会話している男性の方が魅力的にうつります。

世の中のモテ男を想像してください。

どんな美女が相手だろうがあたふたせず落ちついて話してますよね。
そこを目指してください。

ナンパって超緊張するもんですが、もともと知り合いだと思い込めば
だいぶ楽になります!!これ、めっちゃ重要!

怖いですよね。わかります。

だって本当は全く知らない人に声かけて、どんな反応されるかも
わからないんですから。

だからこそ、思い込んでください。自分を騙してください。

 

まとめ

第一声何を言うか、で悩む人は多いですがそこは本質ではないです。
以下の2点を強く意識すれば、第一声でやるべきことはクリアできてます。

  1. 堂々と声をかければ「こんにちは」で十分
    これだけで導入はオーケーです。その後受け入れられるかは自分のルックス・服装を見られて相手がどう判断するかです。「何を話すか」が重要になってくるのはそこもクリアしてから。
  2. もともと知り合いだったかのようにフランクに
    必死感をなくせるので魅力的にうつる。自分もリラックスできるので会話がスムーズにできる。女性の警戒心も解ける。

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事