自分が作ったサービスの使い方を説明する「マニュアルソング」が完成した

  1. 音楽

以前、文字起こしと翻訳をしてくれる超便利なLINE bot
「言語を支配するもの ランゲジ」を開発しました。

最近、名人に勝利した将棋プログラムPonanzaを開発した山本一成さんが、noteの記事に以下のようなことを書いておりました。

プログラミング×分野×情熱=パワー

 

「俺にとっての分野と情熱か・・・・・・そうだ音楽だ!」

となりました。

それをどう表現しようか考えたところ、
自分が作ったサービスの使い方を説明する歌を作る
という的外れ極まりない発想に至りました。

それで出来上がった歌がこれです。
40秒くらいで終わるので聞いてください。
曲作りもっともっと上手くできるようになりたいのでアドバイス
ある方バシバシ言ってください!

 

「何意味わからんことやってんだバカかよ」
と思う方もいらっしゃると思います。

 

だけど僕はこう思うんです。

 

その通りです。

 

とにかく!

サービスを開発した方は、ちゃんと歌も作りましょう。
じゃないと誰も使い方がわからないよ(-_-)

 

マニュアルソングを作り終わるまでがサービス開発です。

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事