相性の良かったフリーランスエンジニア転職エージェント

  1. プログラミング

こんにちは。

フリーランスエンジニアをしている中村です。

自分は何度か転職を繰り返してきましたが、転職先が見つかったきっかけは、転職エージェント・Wantedly・知人の紹介のいずれかです。

主要な転職エージェントはすベて登録しました。
そして、複数のエージェントに並行して案件を探してもらいました。

この中で、相性が良いな・悪いなと感じたエージェントははっきりと別れました。

僕はエージェントをがっつり使って案件探しをしたことが二度ありました。

一度目は、ボロボロでした。
後述しますが、書類選考ですべて落ち面談すら一度もできませんでした。

二度目は、面談も何度も決まり、案件探し始めてから数週間で案件が確定しました。

一度目と二度目の間で、自分のスキルが圧倒的に成長した訳ではありません。
転職エージェントを変えただけです。

本当に、どのエージェントを使うかが、案件が決まるか面談すら決まらないかの明暗を分けます。

実際、一度目で書類選考で落ちまくったエージェントは、二度目の案件探しの際も落ちまくりました。

もしあなたがエージェントを使っていて、全く案件が決まらず悩んでいるのなら、本記事を参考に、利用するエージェントを変えてみてることを検討しても良いと思います。

エージェントとの相性は個々のレベルにもよるし、担当の方に依存した評価ではあります。
あなたがベテランなのか、駆け出しなのか、中堅なのかで合致するエージェントは変わってくると思います。

あくまで僕のスペックから見て、相性が良かったエージェントをお伝えします。

自分のスペック

まずは自分のスペックです。

言語

  • Laravel:2年
  • Vue.js:半年
  • Nuxt.js:半年
  • Solidity:半年
  • WordPress:2年

担当工程

  • 基本は詳細設計〜実装
  • プロジェクトによっては要件定義〜実装

こんな感じです。

バックエンド、Laravelを主軸にしながら、フロントエンドやブロックチェーンもかじったみたいな感じです。
至って普通のエンジニアです。
中堅ですね。

ポートフォリオは無しで、職務経歴書だけで戦いました。

相性が悪かったエージェントの特徴

どこかは言いませんが、相性が悪かったエージェントは、以下をひたすら繰り返すだけでした。

テンプレートメールで求人を紹介→その中からこちらが気になる求人を返信で伝える→テンプレートのお祈りメール
お見送りの理由は、スキルのミスマッチと言われるだけです。

僕のスキル不足が大きな理由ですが、何度も何度もお見送りされ、一生決まる気はしませんでした笑
かといって、決まるためにはどうすればいいか等のコミュニケーションはまったくありませんでした。

後述しますが、良かったエージェントを登録した際は、僕のスキル感でも面談は一瞬で何個も決まり、職務経歴書の添削もしてくれました。

相性が悪かったエージェントは機械的に案件を紹介してくるだけで、案件確定までをきちんとサポートするという感じではなかったです。

相性が良かったエージェント

以下が、相性が良かったエージェントです。

この中でもgeechs jobさんが個人的に一番良かったです。

結局こちらで自分は案件が確定しました。

相性が良かったエージェントの共通点は以下です。

  • LINEやメッセンジャーを用いて、密なコミュニケーションを取ってくれる→心理的サポート
  • こちらの要望のやキャリア展望のヒアリングを丁寧にしてくれる→適切な案件紹介に繋がる

担当の方が密に連絡を取ってくれ、履歴書の推敲や今後のキャリア展望の相談などしてくれます。

選考に落ちた時も、「次はこういう感じで頑張りましょう」と次の対策を練ってくれましたので、この人となら案件が見つかりそうだ!という安心感もありましたね。

機械的にお祈りを繰り返された時は、案件確定までの道筋が全くイメージできず、苦しい思いをしました。

まとめ

僕にとっての相性良い・悪いの基準は、機械的に案件紹介をするだけでなくパーソナルなコミュニケーションをきちんと取ってくれるか否かでした。

スキルセットや職務経歴が素晴らしい人は、機械的な案件紹介でもぽんぽん案件が確定できるかもしれませんが、そうじゃない人間もいます。

中々案件が決まらない方は、どうか自信を無くさず(絶えずスキルを伸ばすというのは大前提なので頑張りましょう)、転職エージェントを思い切って変えてみることをオススメします。

 

 

 

 

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事