トトロの七国山のモデルになった八国山を紅葉シーズンに散策!静かで哀愁漂う場所だった。

トトロの七国山のモデルになった八国山

ここが八国山の入り口です。
となりのトトロの七国山のモデルとなった場所です。

入り口は他にもいくつかあるみたいですが、同行した八国山大好きな人いわくここからがいいらしい。

とりあえず進んでみた。

あ〜なんてちょうど良い緩やかな坂道なんだろう。
運動不足の僕でもまったり歩けるコース。

そして、この人気のない静かな細道を歩くのすごく癒やされる。
歩く時に落ち葉の音がサッサとなる感じもいいなぁ。

進んでいったら、将軍塚というところに到着した。

将軍塚について調べてみた↓

八国山は新田義貞が「久米川の戦い」の際に陣を張ったとされる場所であり、これに因んで尾根の東部にある塚には「将軍塚」と書かれた石碑が建てられているが、元となった塚は富士塚、あるいは古代の古墳といわれている
引用:wikipedia

なんかすごいですね。
よくわからないけどとりあえず手を合わせおじぎをしました。

将軍塚を後にして、進んでいくと広場に。
開放感あっていいですね〜。

なんかもう本当にちょうど良い。
ここまでの道のりも楽ちんだったし、がやがやしてないし、景色は派手すぎないし。

そして木漏れ日フェチにはたまらないショット。

振り返ったらこんな感じ。
あ〜・・哀愁漂いすぎだよ八国山・・。

平日というのもありますが、ここまでの道のりですれ違ったのは一人だけでした。
いろんな人がガッと押し寄せてくる観光スポットではないのかな?

かなり穴場の良いスポットだ。

八国山で食べる吉野家の牛丼美味すぎ

先程の広場から進んでいくと、別の広場にたどり着きました。
そして、ここにあるテーブルで、僕とお友達は座って吉野家の牛丼を食べました。

「吉野家の牛丼ってこんなに美味しかったっけ・・」

そう思わざるを得ないくらい美味しかった。

同行人いわく、ここの広場の芝生は、夏頃はかなりフカフカで、裸足で歩くのがとても気持ちいいらしい。
お子さん連れも楽しめそうですね。

ここでまったり牛丼を食べて静かな空間を味わってたのですが、後方の木々のなかから「ばんざーい!」「やったー!」という声とともにおじさんが一人でテクテク歩いてきました。

「紅葉が、、、赤いぞー!」と叫んでました。見たまんまのことを言ってました。
おじさん、めったに八国山にはこれないけど、紅葉の良いタイミングだったから相当嬉しかったのかな?

このおっさんは広場で休むことなく前方に進んでいきました。

姿が見えなくなったくらいで、「ズコっ!」という音が聞こえてきました。
おっさんこけたのかな・・笑

まあいいや。

広場からさらに進んでいくと、笹?みたいなのがあった。

綺麗だな〜。
前方に、椅子に座っている人がいるんですが、この人は絵を描いていました。
ここで絵描くのも楽しいんだろうな。

この後ちょっと進んでから、迂回ルートで引き返して八国山を後にしました。

いや〜。ちょうど良い。

距離ちょうど良すぎる。
とにかく、八国山は、何もかもがちょうど良い場所でした。

山道には分岐がいくつかあって、違うルートにはトトロでメイちゃんの靴が落ちてた池もあるらしい。
でもそこまでの道は結構険しいらしく、今日はいきませんでした。

八国山を出た後、所沢駅近くの盃横丁という路地裏酒場にある居酒屋で飲んだ、みかんのリキュールがあり得ないくらい美味しかったので、よかったら読んでください。

 

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事