Pairs体験談!年下女子大生にデートのダメ出しされた・・極寒デート@六本木

  1. マッチングアプリ

僕は、きっちりプランを立ててデートすることができない人間です。

スマートさのかけらもありません。

その場のノリで適当に散歩し、適当にカフェに入ってお話するだけです。

とはいえ、今回はさすがに「これはよくなかった」と反省しました。

3つ年下の女子大生E子とクリスマスデートをすることに

E子ちゃんとPairs(ペアーズ)でマッチしたのは、12月上旬のことでした。
クリスマスシーズンです。

ということで、東京ミッドタウンにイルミネーションを見にいくことにしました。

六本木駅で待ち合わせ。

クソ田舎もんの僕が六本木で待ち合わせする日がくるなんて。

向こうからE子がやってきました。

「遅れてすみません」とE子。
「いいよ〜」といい、ミッドタウンに向かいました。

イルミネーションを見ました。とてもキレイでした。
↓その時に撮影した写真です。


イルミネーションを見終わりました。

E子は、「次はどこ連れてってくれるの?」といった顔で待ってました。

「次何しよう・・」と心の中でつぶやきました。

プランなど何も立ててませんでした。
お店も予約してない。

とりあえず、極寒の中、ベンチに座って雑談しました。

一時間くらいたって、さすがに寒いなとなりました。
たくさんのカップルが手を繋いで笑顔で歩いてる中、僕たち二人はぷるぷる震えてました。

E子が「移動したい」と言ったので、少し歩くことに。
移動することすら僕は相手まかせでした。。

そしてスタバを発見したので、とりあえず入りました。

そこで、E子がついに本音をぽろり。

「私はべつにいいけどさ。やっぱりお店予約したり、計画立てないと女の子は嫌がるよ」と
言いました。

「そうだね。」と僕は返しました。

それ以外言う言葉は見つかりませんでした。

フラペチーノを飲み干し、解散しました。

恋愛とか差っ引いてもさすがにひどすぎました

年上の社会人男性とクリスマスデート!と思いきや、ノープランで、極寒の中一時間もベンチに座らされ、
別の場所に行こうという提案もしてくれなかった。

女子大生の気持ちを考えると、サイコパス気味の僕でさえ心が少し痛みました。

フラペチーノは美味しかったです。

pairs

 

よくわからない自分の頭の中でうごめいているいるものを具現化するためにブログ書いてます。DTM・作曲・作詞・歌・プログラミング・登山・渓谷が好きです。

記事一覧

関連記事